Tips:Autocad「座標を表示」

Autocadで座標を表示します。
手順としては①表示するフォント、レイヤの設定、②点スタイルの設定、③点を配置、④座標を表示、です。
2点目からの表示を簡略化する方法も最後にご紹介します。

①フォント、レイヤの設定

予めフォントやレイヤを設定します。
[注釈]タブでフォントと文字の高さを選択します。

レイヤも適宜設定します。

②点スタイルの設定

[ホーム]タブ>[ユーティリティ]バネル>[点スタイル管理]から好きなスタイルを選択してOKをクリックします。

③点を配置

[ホーム]タブ>[作成]バネル>[複数点]から表示したいポイントに点を配置します。

④座標を表示

[挿入]タブ>[フィールド]パネル>[フィールド名]でオブジェクトをクリック>[オブジェクトタイプ]│オブジェクトを選択で配置した点を選択します。

点を選択したら[プロパティ名]は位置、[形式]は適宜選択して、OKをクリックします。下図の例ではX座標とY座標を表示するようにしました。

座標が表示されました。

これで操作は完了ですが、毎回この操作をするのは面倒です。
グループ化を使うことで2点目からの操作を簡略化します。

★2点目からの簡略化

下図のようにポリラインを追加して作成した点と座標を合わせてグループ化します。

グループ化した要素を「点」を基点として2点目の「点」にコピーします。

このままでは先ほどの座標値が表示されたままなので、「再作図」(コマンド:RE)します。

2点目の座標値が表示されました。